①頭痛・肩こり

首や肩が重く、目の奥が痛い。
後頭部から頭の両側にかけて押さえつけられるような頭痛がある

本来、背骨の上に頭がまっすぐ乗っているのが正しい位置なのですが、

この頭の位置が崩れてしまうと、首から頭へ走っている血管の圧迫により頭痛が起こったり、頭や首の筋肉が緊張して、首や肩の凝り、目の奥の痛みなど、さまざまな症状を引き起こします。
さらに、肩こりからくる筋肉の緊張は、頭痛を引き起こすこともあります。「緊張型頭痛」といって、頭が圧迫されるように感じます。

原因となっているもの

背骨と首の位置の崩れがあると、背中が丸くなり、顎を突き出したような姿勢になります。

こういう方の特徴として、肩は内に巻き込んでしまういわゆる「巻き肩」になってしまいます。同時に骨盤も後ろへ倒れてしまい背中が全体的に丸くなります。

このように、首や肩だけでなく、背骨、骨盤まで影響してくることがあります。

当院では、首や肩の症状でも、身体を全体的に診させていただき、痛みを出している原因を根本的に取り除く施術を心掛けています。

他の原因も…

ごくまれに、内臓由来の痛みがあります。

内臓由来の痛みを疑う場合

①何度施術をしても、一向によくならない場合、

②動いたときの痛みより、安静にしている時のほうが痛みを感じる、

③布団に入ってから寝入るまでの痛み、

④動作にかかわらず痛みに強弱があり、それがだらだら続く痛みの場合

・心臓…心臓は、身体の中心やや左側に位置し、心臓の不具合がその上にある筋肉や皮膚の痛み(左肩の痛み)として現れる場合があります。

・肝臓…肝臓は、右腹部にあり、肝臓の不具合はその上にある横隔膜から右肩の痛みとして現れる場合があります。

・肺…肺の上部の先端になっているところにできる癌(パンコースト腫瘍)によって、肩に痛みを感じることがあろます。

…もちろん、左肩がずっと痛いからといって、すぐに心臓が悪いと決めつけることはできません。生活のクセや常に左肩にカバンを左肩にかけていたり、左肩を下にして寝る習慣があったりということは多々あります。

一応、頭の片隅に入れておいて下さい。

当院では、重篤な症状が疑われる場合は、必ず病院へ行っていただくようにしています。

頚椎けいついヘルニア

頸椎は、7つの骨から構成され前方に凸のカーブ(前弯)がある形をしています。

頸椎ヘルニアとは、頸椎の関節の間にあるクッションの役割をしている椎間板が神経に触れて痛みや腕から手にかけての痺れがでます。腰と比べて首の椎間板は薄いので、少し椎間板が骨から飛び出ただけで神経にふれてしまい痛みや痺れが起きやすいです。

例えばスマホの画面を観るときのような首を下に向ける動作が、椎間板が動いて神経に触れるので首から腕にかけての痛みや痺れが出るので注意です。

ヘルニアは、患部の圧迫が取れることによって自然に引っ込む性質を持っているので、当院の整体によって首はもちろんその下の胸椎、腰椎、骨盤の身体の形の壊れを整えていくことで首への負担を軽減させ椎間板にかかるストレスを開放し、ヘルニアがどんどん引っ込んでいく状態を作っていきます。

なぜ首と腰椎や骨盤が関係するのか?

例えば椅子に座っているとします。この時に首を左右に回してみて下さい。その時の回り具合を覚えておいてください。

次に腰を入れた状態を作ってみて下さい。このときにもう一度首を左右に回してみて下さい。

いかがですか?

腰を入れたほうが、首は回しやすくないですか?

このように、首の動きも腰や骨盤の状態をはじめとする身体全体の形とも密接に関連しているのです。

③猫背・背部痛

背骨のゆがみにより、背中が丸くなり首を前に突き出すような姿勢になる。

肩甲骨や肋骨周りの筋肉の緊張により動きが悪くなり、背中の引っかかり感が取れず呼吸が浅くなり、リラックスできなくなる。

猫背になると、首を突き出す姿勢になるのですが、正常な首の状態での脳への血流量を100%だとすると、首が10度前に傾くと脳への血流量が70%になり、20度前に傾くと40%まで減少すると言われています。

首を前に突き出した姿勢だと仕事や勉強の能率も下がってしまいます。

スポーツ選手や音楽家などにおけるパフォーマンスも悪くなり、無駄に体力を消耗してしまいます。

良い姿勢を取ろうとして、胸を張ろうと意識される方がおられるのですが、こうすることによってお腹を突き出して腰を反ってしまう姿勢になるので、腰痛がひどくったり足がしびれたりすることもありますので注意です。

無理をしない姿勢で、胸が張れる姿勢が理想の姿勢です。

当院では、姿勢改善という視点から猫背を根本から解決していきます。

顎関節症がくかんせつしょう

顎関節は、口を開けたり、物を噛んだりするときに動く関節です。

骨同士は繋がっていないので、クッションの役割をする関節円板があります。

しゃべる時や、食べる時の口の開け閉めは、下あごの骨が動きますが、この動きを行うために下あごの骨にはたくさんの筋肉が働いているのですが、下あごの筋肉の働きがが何らかの原因で乱れることで、関節円板の位置が変わったり、変形、炎症が起こります。
これが、顎関節症です。

硬いものを食べたり、顎を下にして寝ると、顎周辺の痛みがでる。ひどくなると、口を開けるのも痛く、開けたときに音が鳴ったりします。

頬杖をついたり片側だけの歯で食事をする癖などの生活習慣により、顎関節のを支えている筋肉のアンバランスによって起こります。女性に多い症状です。

頬杖をついたり片側だけの歯で食事をする癖などの生活習慣により、顎関節のを支えている筋肉のアンバランスによって起こります。女性に多い症状です。

上あごと下あごのゆがみ

物を噛むという動作は、主に咬筋<こうきん>という筋肉を使います。咬筋の収縮で下あごを上のあごに押し当てて食物を咀嚼します。顎関節で動くのは下あごが中心です。

口を開ける筋肉…写真の青文字
口を閉じる筋肉…写真の白文字

首にゆがみがあると、下あごから胴体に付着する舌骨筋群が緊張して下あごを後ろに引っぱります。

この力が、右のあごと左のあごで異なっているとどうなるでしょうか?
結果として、顎関節にストレスがかかり、口を開けにくくなったり、開けるときに音が鳴ったりします。

この場合は、当院の整体で身体の形を整えることによって顎関節の左右の筋肉のアンバランスを整え症状の改善が期待できます。

顎関節症は、歯の噛み合わせを治すと良くなると思われるかもしれませんが、歯科で歯を抜いたり削ったり、インプラントで歯を植え込んだりするのは、余計に痛みが出たり、頭痛、耳鳴り、目まいを引き起こすこることもあります。

生活習慣以外にも、パソコン業務などに集中して、知らず知らずのうちに歯を食いしばっていたり、仕事や人間関係のストレスが影響することもあります。

日常生活で気をつける事

顎関節症の患者さんの70%に、緊張や集中している時に歯を食いしばっているというデータもあるので、普段から意識して上下の歯を接触させないように心掛けましょう。

⑤ドライアイ・疲れ目

ドライアイとは、さまざまな要因により涙の分泌量の減少や涙が均等に行きわたらなくなる疾患であり、目が乾くほかに、目の不快感や目の表面に傷を伴うこともあります。

涙は 涙腺るいせん で生成されます。涙腺は自律神経が支配しています。自律神経のバランスが崩れて、副交感神経の機能が低下すると、涙腺が閉じてしまい、涙が出にくくなり、ドライアイになります。

身体の姿勢と物の見え方と全く関係なさそうですが、実は関係があります。

どこか壁などの一点を集中して見ようとするとき

背中が丸い状態だと、目に力が入らず、何となくドヨーンとする。
この時は瞳孔をしぼることができなくて開きぱなしになっている。そうすると目に多くの光が入ってくることになります。

そのような状態でパソコンの画面などを見続けていると、光を拾いすぎて、必要以上に目に負担をかけてしまい、同時に、交感神経が働く状態になっているために涙腺も閉じてしまい、目も乾きやすくなります。

瞳孔は、目の中に光をどれくらい入れるかを自律神経が調整しています。交感神経が働くと、瞳孔は広がります。背中が丸くなっているときは、瞳孔が広がったままで、交感神経が働いている状態です。

当院の整体で身体の形の壊れが整うと、自律神経に作用して瞳孔を調整している筋肉( 瞳孔括約筋どうこうかつやくきん瞳孔散大筋どうこうさんだいきん )の働きが正常になり、光を拾いすぎるのが抑えらます。
同時に、涙腺も緩んで涙が出やすくなります。結果的にドライアイ、疲れ目の改善も期待できます。

診療時間

診療時間
AM 8:30〜12:30
PM16:00〜20:00
18:00まで
【休診日】水曜午後、日曜日

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ご予約・お問い合わせ

ご不明な点やご相談がありましたら、お気軽に何でもお尋ね下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ

LINEでのご予約・お問い合わせ

すみれ鍼灸整骨院 公式LINE からもご予約・お問合せいただけるようになりました。
是非、お友達登録をお願いいたします。
※前日、当日のご予約はお電話からのみとなっております。
※ご予約の場合は、当院からの返信をもって予約確定となります。

友だち追加

メールでのご予約・お問い合わせ

お身体でのお悩み、何でもご相談下さい!

※携帯電話のメールアドレスからお問い合わせする方で「受診拒否」の設定を行っている方は解除してからお問い合わせ下さい。
※患者様のPCやスマホがドメイン指定をしていたり、当院からのメールが迷惑メールフォルダに入ってしまっていて、メールが届かないというケースもあります。ご確認をお願いします。
※前日、当日のご予約はお電話からのみとなっております。
※メールからご予約の問い合わせの場合は、送っただけでは予約は完了しません。必ず返信をお待ちくださいますよう宜しくお願い致します。


    必須お名前
    必須メールアドレス
    携帯電話各社のキャリアメールで送信される場合、返信メールが届かない可能性がありますので、受診設定をご確認下さい。
    必須お電話番号
    任意ご予約希望日
    8:30~12:30 16:00~20:00(土曜は18:00まで)
    休診日…水曜午後・日曜日
    以下の右端のカレンダーマーク をクリック(タップ)して日付を選択してください

    第1希望 日付 時間

    第2希望 日付 時間
    必須お問い合わせ内容


    返信は2営業日以内にします。
    メールアドレスの入力間違いによりメールが届かない事がありますので、メールアドレスに間違いがないかご確認ください。