殿部(お尻)の筋肉が硬くなって、「お尻が痛い」ってことありませんか?

足にしびれを出す坐骨神経痛の症状も、原因はこの殿部の筋肉にあることが
ほとんどです。


この殿部の筋肉と腰痛の関係について説明します。


殿部の痛みが起こるパターンとして、最初は腰痛に始まることが多いです。

腰痛のほとんどが、背骨を支える筋肉、背骨の両脇を走っている「脊柱起立

筋」、その深層にある「多裂筋」に負担がかかり痛みを引き起こします。

いわゆる、腰の部分の痛みです。

腰痛が長期化してくると、この「脊柱起立筋」「多裂筋」だけで負担を支え

きれずに、背骨を支えている骨盤に負担がかかってきます。

その骨盤を支えている筋肉が殿部の筋肉になります。


 

ここの筋肉が緊張すると、坐骨神経痛などの症状が出てくることもあります。


そんな時は、お尻をグーでトントン叩いてみたり…

それだけでは、筋肉がなかなか緩んではきません。

 

そこで、「殿部のストレッチ」です!

<イスに座ってする方法>

①膝の角度が90度になるようにイスにすわります。


※イスが高すぎると膝の角度が90°以上になり、十分なストレッチ効果が得ら

れません。(悪い例)

 

②伸ばしたい尻側の足を対側の膝の上にきちんと置きます。

良い例

 

悪い例

 

③背筋を伸ばした状態で体を前屈します

※背中が丸い状態ではあまり効果がありません

④伸びている状態で30秒キープ!!

(注意点)
体が硬くて足をかけられない場合は膝の角度を90度以上に伸ばしてください。


勢いをつけて行わないでください

 


<仰向けに寝転んでする方法>

①仰向けに寝転んで伸ばしたい尻側の足を対側の膝上に乗せます

②そのまま膝を立てます

③立てた膝を両手で抱えます→伸ばしたい尻側の手を足の間を通して持つよ

うにして下さい

④抱えた膝を体に引き寄せます

伸びている状態で30秒キープ!!

(注意点)
股関節が硬くて膝をつかめない時は、膝を立てるだけでも効果はあります


両方同じ殿部の筋肉をストレッチできます。
どちらか楽なほうでやってみてください!!

診療時間

診療時間
AM 8:30〜12:30
PM16:00〜20:00
18:00まで
【休診日】水曜午後、日曜日

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ご予約・お問い合わせ

ご不明な点やご相談がありましたら、お気軽に何でもお尋ね下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ

LINEでのご予約・お問い合わせ

すみれ鍼灸整骨院 公式LINE からもご予約・お問合せいただけるようになりました。
是非、お友達登録をお願いいたします。
※前日、当日のご予約はお電話からのみとなっております。
※ご予約の場合は、当院からの返信をもって予約確定となります。

友だち追加

メールでのご予約・お問い合わせ

お身体でのお悩み、何でもご相談下さい!

※携帯電話のメールアドレスからお問い合わせする方で「受診拒否」の設定を行っている方は解除してからお問い合わせ下さい。
※患者様のPCやスマホがドメイン指定をしていたり、当院からのメールが迷惑メールフォルダに入ってしまっていて、メールが届かないというケースもあります。ご確認をお願いします。
※前日、当日のご予約はお電話からのみとなっております。
※メールからご予約の問い合わせの場合は、送っただけでは予約は完了しません。必ず返信をお待ちくださいますよう宜しくお願い致します。


    必須お名前
    必須メールアドレス
    携帯電話各社のキャリアメールで送信される場合、返信メールが届かない可能性がありますので、受診設定をご確認下さい。
    必須お電話番号
    任意ご予約希望日
    8:30~12:30 16:00~20:00(土曜は18:00まで)
    休診日…水曜午後・日曜日
    以下の右端のカレンダーマーク をクリック(タップ)して日付を選択してください

    第1希望 日付 時間

    第2希望 日付 時間
    必須お問い合わせ内容


    返信は2営業日以内にします。
    メールアドレスの入力間違いによりメールが届かない事がありますので、メールアドレスに間違いがないかご確認ください。