テンセグリティ構造

テンセグリティ(Tensegrity)とは

Tensional(張力)とIntegrity(統合)の造語

建築の構造に関する言葉だそうです。

簡単に言いますと、「お互い引っぱり合う力によって支え合っているモノ」です。

このおもちゃは、テンセグリティ構造をしています。

3組の木の棒が、お互い平行で、かつ垂直に配置され、ゴムでつないでありま

す。

木の棒の先端からゴムが伸びていて、また別の木についています。

そのゴムの引っぱり加減がちょうどつり合って(引っぱり合って)、この形に

なっています。

木の棒には、曲げるような力は起こらず、ゴムに加わる力は引っぱりだけで

す。

 

身体でいいますと、木の棒は骨で、ゴムは筋肉です。

身体のある一部に刺激を与える(筋肉を引っぱる=筋肉を伸ばす)と、それに

連動して身体全体が動くというものです。

しかも、刺激を与えたとしても、身体全体でバランスをとろうとします。

例えば、この動作は、腰を曲げる動作です。

もちろん、腰の筋肉は伸びますが、腰の筋肉だけを使っているわけではあり

ません。太ももの裏のハムストリングや、ふくらはぎの筋肉、アキレス腱や

足の裏、足の甲…これが、どこまでも続いていきます。

腰を曲げる動作の時…

→意識を足の裏に集中してみると、足の裏がピンと引っぱられる感じがすると思

います。

→お腹に意識を集中すると、腹筋が縮んでいるのが感じられます。

 

このように、腰を曲げる動作でも、腰だけでなく、足の裏まで連動いている

ことが分かります。

しかも、倒れずに立っていられます(身体全体でバランスをとっている!)

※このガイコツは、模型なので右足にセロテープを貼って無理矢理立たせて

いますが…

 

これがちょうど、このおもちゃを押している状態とおなじなのです。

押す力によって、ゴムが伸びるところと、縮むところがでてきます。

形にひずみを出しながら何とか全体のバランスをとっています。

 

このことを、身体で例えると

この押す力というのが、身体の症状の原因となります。

でも痛みは、原因から遠く離れたところに出ることもあります。

その痛みの原因となっている箇所は、患者さんの姿勢や動作から割り出して

いきます。

 

身体はすべて、つながっており一部の動きはすべてに影響をおよぼすという

お話でした~

診療時間

診療時間
AM 8:30〜12:30
PM16:00〜20:00
18:00まで
【休診日】水曜午後、日曜日

西宮市久保町10-26 メガロコープ西宮Ⅱ1号棟103
阪神電車 阪神西宮駅から、南へ徒歩約13分

ご予約・お問い合わせ

ご不明な点やご相談がありましたら、お気軽に何でもお尋ね下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ

LINEでのご予約・お問い合わせ

すみれ鍼灸整骨院 公式LINE からもご予約・お問合せいただけるようになりました。
是非、お友達登録をお願いいたします。
※前日、当日のご予約はお電話からのみとなっております。
※ご予約の場合は、当院からの返信をもって予約確定となります。

友だち追加

メールでのご予約・お問い合わせ

お身体でのお悩み、何でもご相談下さい!

※携帯電話のメールアドレスからお問い合わせする方で「受診拒否」の設定を行っている方は解除してからお問い合わせ下さい。
※患者様のPCやスマホがドメイン指定をしていたり、当院からのメールが迷惑メールフォルダに入ってしまっていて、メールが届かないというケースもあります。ご確認をお願いします。
※前日、当日のご予約はお電話からのみとなっております。
※メールからご予約の問い合わせの場合は、送っただけでは予約は完了しません。必ず返信をお待ちくださいますよう宜しくお願い致します。


    必須お名前
    必須メールアドレス
    携帯電話各社のキャリアメールで送信される場合、返信メールが届かない可能性がありますので、受診設定をご確認下さい。
    必須お電話番号
    任意ご予約希望日
    8:30~12:30 16:00~20:00(土曜は18:00まで)
    休診日…水曜午後・日曜日
    以下の右端のカレンダーマーク をクリック(タップ)して日付を選択してください

    第1希望 日付 時間

    第2希望 日付 時間
    必須お問い合わせ内容


    返信は2営業日以内にします。
    メールアドレスの入力間違いによりメールが届かない事がありますので、メールアドレスに間違いがないかご確認ください。